身近な工業製品とは

工業の発達で生活が豊かに

身近な工業の家電選び

人が便利な文明的な生活を送るために、さまざまなモノやコトが考えだされてきました。その中でも馴染み深く、毎日活躍しているのが生活家電と言えますが、これらは産業の分野に分類して考えると工業のカテゴリーに入ります。つまり原材料を加工し、生活に役立つなんらかのモノを作り出す産業を包含します。家電は開発者だけでなく使用する側の意見も取り入れられて、どんどん高性能な製品に進歩していくという点で、工業技術の発展にも貢献しています。製品を選ぶ際には使用者の口コミを参考にすると、似たように見えるたくさんの製品から最適な機種が見つかります。

苦戦を強いられている家電業界

日本は工業立国と言われ、それぞれの時代には、その時代を支える花形産業が存在してきました。近年では家電業界や自動車業界が花形として日本の産業の一翼を担って来ました。しかしグローバル競争が激化する中、家電業界ではデジタル化によるコモディティー化によって、商品の差別化が困難となり、泥沼の価格競争に陥って来ました。こうしたグローバル価格競争において、人件費の安い中国や発展途上国に破れ、日本企業は苦戦を強いられてきました。企業が分割売却されて消滅したり、外国企業に買収される事態も生じ、かつての花形産業の面影はなくなりました。それでも日本は工業立国として製造業には頑張ってもらう事が必要であり、残された同業界の企業の頑張りに期待すると共に、新たな花形の出現を願うばかりです。

新着情報

↑PAGE TOP